結果が権力をもつ世界において、いつしか手段は目的へと昇華した。
過程の地位を上げる事で、水は新たな経路を辿り、新たな生命の源となるかもしれない。また、それに伴い一部の目的は手段へと還ることになるだろう。
しかし、これは決してアンチテーゼではない。リンゴ畑にバナナの木を植える。ただそれだけのことだ。

価値主義市場『props』はコチラより